自動車手続きに関する用語

自動車保管場所証明申請

いわゆる車庫証明のことです。保有する自動車を保管する場所があることを証明するものです。

自動車保管場所証明届出

軽自動車の車庫証明のことです。軽自動車の場合、申請ではなく届出となります。
普通車の場合と異なり、名義変更など、登録手続きの後に届け出れば良いこととされています。

保管場所使用承諾書

車庫証明に必要な書類の一つです。駐車場を借りている場合に必要になります。
保管場所(駐車場)のオーナーが、保管場所として使用することを承諾したことを証明するものです。

自認書(保管場所使用権限疎明書面)

車庫証明に必要な書類の一つです。駐車場としている土地が自分自身の場合、保管場所使用承諾書ではなく、この自認書を使います。

位置図・配置図

車庫証明に必要な書類の一つです。位置図と配置図は別々の用紙でも構いません。
位置図はグーグルマップ等を利用して印刷すればOKです。(拠点と駐車場の位置がわかるように印刷し、距離を記入します。)

配置図は駐車場内での駐車位置をわかりやすく書く必要があります。
車庫のサイズ(立駐の場合高さも忘れずに)、隣接道路の幅員、入り口の広さ、この3点の明記は必須です。

封印

普通自動車の後ろのナンバーに丸くぽちっとついているシルバーの部品です。
これが付いているために、簡単にナンバーを外すことができなくなっています。

またナンバー交換が必要な名義変更等の登録の場合、この封印を取り付けるために車を陸運支局に車を持ち込む必要があります。